Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

自著論文

*論文電子公開* 岡沢亮「作品のわいせつ性に関する法的判断と非-法的知識」『ソシオロゴス』

岡沢亮,2016,「作品のわいせつ性に関する法的判断と非-法的知識——メイプルソープ事件判決を事例として」『ソシオロゴス』 (40): 95-110. 上記論文が電子公開されました。 http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~slogos/archive/40/okazawa2016.pdf 要旨は以下の通…

岡沢亮「図画のわいせつ性をめぐる裁判の恣意性再考」(in 『現代社会学理論研究』11号)

新しい論文が公刊されました。 岡沢亮, 2017, 「図画のわいせつ性をめぐる裁判の恣意性再考」『現代社会学理論研究』11: 29-41. [査読あり] 日本における図画のわいせつ性をめぐる裁判は、恣意的なものだとして強く批判されてきました。本論文では、その問題…

北田暁大+解体研『社会にとって趣味とは何か』

北田暁大+解体研『社会にとって趣味とは何か——文化社会学の方法規準』が河出書房新社から公刊されました。 社会にとって趣味とは何か:文化社会学の方法規準 (河出ブックス 103)作者: 北田暁大,解体研出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/03/25メディ…

*論文電子公開* 岡沢亮「マルセル・モースの連帯概念」

岡沢亮,2015,「マルセル・モースの連帯概念」『年報社会学論集』(28): 160-71. 上記論文を電子公開しました。 http://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=117967 本稿は、マルセル・モースの社会構想を明らかにすべく、彼の「連帯」概念を…

岡沢亮「作品のわいせつ性に関する法的判断と非-法的知識」(in 『ソシオロゴス』40号)

以下の論文が公刊されました。 ・岡沢亮,2016,「作品のわいせつ性に関する法的判断と非-法的知識——メイプルソープ事件判決を事例として」『ソシオロゴス』(40): 95-110.[査読者: 加島卓・小宮友根] 判決文というテクスト資料を用いた法実践のエスノメソド…

岡沢亮「マルセル・モースの連帯概念」(in 『年報社会学論集』28号)という論文が出ました

このたび関東社会学会の学会誌『年報社会学論集』28号に「マルセル・モースの連帯概念」という論文が掲載されました。 *2016/10/12電子公開されました↓ https://www.jstage.jst.go.jp/article/kantoh/2015/28/2015_160/_pdf 岡沢亮,2015,「マルセル・モー…