読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

岡沢亮「マルセル・モースの連帯概念」(in 『年報社会学論集』28号)という論文が出ました

 このたび関東社会学会の学会誌『年報社会学論集』28号に「マルセル・モースの連帯概念」という論文が掲載されました。

*2016/10/12電子公開されました↓

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kantoh/2015/28/2015_160/_pdf

岡沢亮,2015,「マルセル・モースの連帯概念」『年報社会学論集』(28): 160-171.

目次

1.問題の所在ーーマルセル・モースの社会構想と連帯概念

2.連帯における労働者の利益と権利

3.連帯と犠牲(供犠)の関係

4.「贈与論」における連帯

 (1)虐殺の回避と対抗関係の残存

 (2)犠牲を回避する手段としての気前の良さの制限

5.おわりに

  モースのテクストにおける連帯概念の内容の解明を通じて、彼の社会構想の一端を理解しようとするもので、組合や社会主義に関する論文、供犠に関するアンリ・ユベールとの共著論文、「贈与論」を検討しています。

 モースの議論に関心をお持ちの方はもちろん、「連帯」や「贈与」といった言葉や概念に何らかの意味で――ポジティブなイメージを持つかネガティブなイメージを持つかはさておき――ご興味のある方は、お読みいただければ嬉しいです。