Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

2015年度業績

2015年度(2015年4月から2016年3月)の業績。

■論文

  • 岡沢亮,2015,「マルセル・モースの連帯概念」『年報社会学論集 』(28) 160-171 .  [査読有り]

■口頭発表

  • 岡沢亮「作品のわいせつ性に関する法的判断と常識的知識――日本におけるメイプルソープ事件判決を事例として」日本社会学会 第88回大会   2015年9月19日
  • 岡沢亮「芸術批評の社会学的分析――ダントーによるメイプルソープ批評を事例として――」日本社会学理論学会 第10回大会   2015年9月5日
 
博士課程1年目のスタートダッシュとはいきませんでしたが、とりあえず査読論文がひとつ出ました。学部の頃に出口剛司先生の下で書いたマルセル・モースについての卒論が元になっていますが、論文化できたことで先生にも多少なりとも喜んでいただけたようでよかったです。
 
ちなみに、私は一切できませんでしたが、DC1をとるために「M1のときに卒論等をもとに論文を投稿し、M2の学振応募時期までに掲載決定状態に持って行く」という戦略をとる院生が増えていく(る?)気がします。不景気ですし。
 
4月からは、修論を個別論文化し博論の一部をつくっていこうと思います。書いたそばからこの目標は「がんばります」と同じくらいの具体性しかないような気がしてきました。もうひとつの目標は実際にはかなり詳細で具体的なのですが、抽象的で切実さが感じられない風に言うと健康になることです。kenkouninaritaiというユーザーネームの人がやっているI want healthy bodyというタイトルのタンブラーがありますが、ずっと更新されていません。