Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

Law in Action/ Max Travers and John F. Manzo eds

TraversとManzo編集のLaw in Actionを遅ればせながら読む。

Law in Action: Ethnomethodological and Conversation Analytic Approaches to Law (Socio-Legal Studies)

Law in Action: Ethnomethodological and Conversation Analytic Approaches to Law (Socio-Legal Studies)

'Ethnomethodology, Conversation Analysis, and the Sociology of Law', by John F. Manzo

PART I: EXEMPLARY STUDIES

'Introduction to Part I', Max Travers

2. 'Practical Sociological Reasoning: Some Features in the Work of the Los Angeles Suicide Prevention Center', Harold Garfinkel

3. 'The Lawyer's Work', Harvey Sacks

4. 'Contested Evidence in Courtroom Cross-Examination: The Case of a Trial for Rape', Paul Drew

5. 'The Presentation of Victim and Motive in Discourse: The Case of Police Interrogations and Interviews', Rod Watson

6. 'Preliminary Notes on Judges' Work: The Judge as a Constituent of Courtroom "Hearings"', Michael Lynch

PART II: CONTEMPORARY CONTRIBUTIONS

'Introduction to Part II', Max Travers

7. '"I'm sorry we had to meet under these circumstances": Verbal Artistry (and Wizardry) in the Kennedy Smith Rape Trial', Gregory Matoesian

8. 'Record-Keeping Practices in the Policing of Juveniles', Albert J. Meehan

9. 'Justice as a Phenomenon of Order: Notes on the Organization of a Jury Deliberation', Douglas W. Maynard and John F.Manzo

10. 'Remorse, Redress, and Reform: Blame-Taking in the Courtroom', Martha Komter

11. 'Practicing Law: A Study of Pedagogic Interchange in a Law School Classroom', Stacy Burns

 

最初とIntroを読んだらさっそくGarfinkelとSacksを飛ばすスタイルで、DrewとWatsonに移行。

Drew論文には有名な「彼はただ単に元気か尋ねただけ、しかしあなたにおやすみのキスをした。そういうことですか?」という弁護人の発話が出てくる。複数の行為記述の対立と、強い記述を用いるべきだというルールの関係。それを利用して弁護士は被害者証言の非一貫性の提示を行おうとする。

Watson論文は、加害者による被害者のカテゴリー化(niggers, faggots, black  sister)が、加害の動機の提示になっていることについて。これは法廷じゃなくてもありそうな推論の仕方に関する議論なので色々な人の参考になりそう。

第2部。 Maynard and Manzoは以前読んで面白かった記憶がある陪審員の議論の分析。どのくらいjustice概念が効いているのかは疑問もあった覚えもあるが。MatoesianとKomterはそれぞれ読んだことある単著の内容と近そうなのでパス。

KomterのDilemmas in the Courtroomは、法廷において被告人が、自己弁護と真実の発見への協力との間のジレンマや、後悔の念を示すことと減刑を求める姿勢を明確には見せないこととの間のジレンマにどう対処しているのかなどを分析している。

https://www.amazon.co.jp/Dilemmas-Courtroom-Netherlands-Everyday-Communication/dp/080582023X/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

Burnsはロースクールの授業における教授と学生のやりとりpedagogic interchangeを分析している。法に関する専門的知識だけではなく、法専門家としての振る舞いをどのように教え、学んでいくのか。明確な宛先はないが、権力概念の不要性についても最後に言及あり。