読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

「査読のときに『グラウンデッド・セオリー』というフレーズに出くわしたら、リジェクトするしかないね」

 

Sociology Job Market Rumorsを読んでいて見つけた。

Grounded Theory « Sociology Job Market Rumors

As a peer reviewer, when I encounter the phrase "grounded theory" in your manuscript (even if you dutifully cite Glaser and Strauss 1967!), I have no choice but to recommend that your paper be rejected.

「査読してて『グラウンデッド・セオリー』というフレーズに出くわしたら、リジェクトしていくしかないね」といういささか乱暴な意見。

I'm a qualitative sociologist and I have to say any time I read an article and come across the use of this phrase, my stink meter starts to bling. One can do systematic inductive analysis and modified inductive approaches without the wrapper of "grounded theory." Just say exactly the process by which you analyzed and coded your data. Appealing to this term implies you followed some sort of standardized analytic process that can be universally applied.

そのあとで他の人が「『グラウンデッド・セオリー』とか言わなくても、システマティックで帰納的な分析はできる。とにかく分析とコーディングの手続きを正確に書け」と言っている。だいぶ穏当になった。

方法論(と言えるかどうか不明だが)の名前やその一般的な説明を書くだけで終わらせるのではなく、どのようにデータを扱い、どのような手続で分析したかを書くのが大事。これは全くその通りだと思う。

エスノメソドロジー」「概念分析」というフレーズに関しても同じですよね。