Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

岡沢亮「作品のわいせつ性に関する法的判断と非-法的知識」(in 『ソシオロゴス』40号)

以下の論文が公刊されました。

・岡沢亮,2016,「作品のわいせつ性に関する法的判断と非-法的知識——メイプルソープ事件判決を事例として」『ソシオロゴス』(40): 95-110.[査読者: 加島卓・小宮友根]

判決文というテクスト資料を用いた法実践のエスノメソドロジー研究を志向し、かつ法学的な規範的議論への接続を試みたものです。至らない点も多々あるとは思いますが、お読みいただければ幸いです。

日本語要約は次の通りです。

法学研究では、作品のわいせつ性をいかにして判断すべきかが議論されてきた。そこでは、判例におけるわいせつ該当性基準の曖昧さなどが批判されてきた。しかし、いずれにせよ基準を具体的対象に適用する際には、基準自体には定められていない非-法的知識を用いざるを得ない。本稿では、2008年のメイプルソープ事件最高裁判決と、メイプルソープ作品を論じた批評家や作者自身のテクストを検討し、用いられる非-法的知識の差異によって、わいせつ性の有無の判断も異なりうることを示す。この作業を通じて、わいせつ性判断をめぐる規範的議論にとって、裁判官はどのような非-法的知識を用いるべきかに関する考察が意義を持つことを示したい。特に、様々な非-法的知識があるなかで、芸術の専門性や作品の鑑賞経験にもとづいた知識を裁判官が参照すべきか否かが、考察に値するひとつのポイントとして示唆される。

 草稿を検討していただいた皆様、そして何よりも査読を引き受けていただいた加島卓先生と小宮友根先生に心より感謝いたします。ありがとうございました。