Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

中学受験塾の思い出

社会の教師は新潟水俣病について教えるときに、新潟県では男性が家庭内で非常に強く、母親が体調不良を訴えても全く相手にされなかったため、公害病であることが発見されなかったというエピソードを披露した。

算数の教師は自分が東大を中退して今の職についていることを述べ、親の期待は裏切るなという人生訓を与えた。

前者の主張が事実なのかわからないし、後者の主張には賛成しないが、少なくともそういった考え方があることを小学生の頃に学べたのは良かったと思う。

ところで、塾を卒業するときに塾の前室長(出世して途中で本部に異動になったかなにか)から、「お前は全く喋らないからこれから苦労すると思うけど、頑張れよ!!」と熱く激励されたのだが、今はどちらかというと、喋ったことによってトラブルが発生する事例の方が多い気がする。