Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

英語圏の〇〇社会学について学ぶために

英語圏の〇〇社会学の重要文献や共有されている問題意識や方法などを把握したいとき、どうすればいいのかを最近考えている。

もちろん、たとえば「スティグマ Stigma」とか「ミックスド・メソッド Mixed Methods」くらいにトピックが定まっていれば、Annual Review of Sociologyで検索して最新のレビュー論文を読み、引用参照論文を続けて読んでいけばいいかもしれない。あるいは、文化社会学のなかでも「批評」に関する研究に興味があるといった場合には、PoeticsCultural SociologyなどのIFの高い学術誌でそれに関する新しい論文を探し、また引用参照論文を読めばいいかもしれない。

しかし、特定トピックに関する知識を得るためというよりは、より広く基礎的な英語圏の〇〇社会学に習熟したいような場合に、どうやって勉強を進めていけばいいのかが難しい。学術誌をひたすら新しいものから読んでいっても効果は薄いだろう。教科書があてになればいいのだが、Handbook of ~~とかSociology of ~~などと題され、著名な出版社から出ているいかにも教科書然とした書籍が、しばしば編著者と各執筆者のクセが強く出た論文集だったりする。

色々と失敗したあげく、最近は次のようなやり方があるかもしれないと考えている。それは、英語圏の大学院の〇〇社会学シラバスを見て、課題文献を愚直に読んでいくというものだ。重要文献が書籍にせよ雑誌論文にせよ網羅的にわかるし、週ごとにトピック別でわかれているのである程度整理して研究動向を把握できる。

例えば文学の社会学で有名なWendy Griswoldのシラバスなど、文化社会学について学ぶ際にかなり参考になりそうに見える。

http://www.sociology.northwestern.edu/documents/faculty-docs/syllabi/SOC420Syllabus-GriswoldFall2016.pdf

自分の専門ど真ん中のトピックならともかく、〇〇社会学くらいの広いくくりで英語圏の研究動向を学ぶのはなかなか面倒なので、色々と試してみるしかないのかなと思う。