Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

第90回日本社会学会発表「フィクションの分析可能性——テクスト資料と概念分析の社会学」

2017年11月4-5日に行われた第90回日本社会学会大会のテーマセッション「『概念分析の社会学の展開』(2)」にて、「フィクションの分析可能性——テクスト資料と概念分析の社会学」という題目のもと発表しました。発表原稿は以下です。

http://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=146887

テクスト資料やフィクションの分析に関心があるが、概念分析の社会学を専門的に行っているわけではない社会学者を想定して、ひとつの分析の可能性を示そうと試みました。

2日目は「エスノメソドロジーと会話分析の半世紀(3)」を聴きに行きました。どの方の発表も面白かったのですが、特にTanya Stivers先生の発表が印象に残っています。クリニックにおいて医療者が障害を持つ子の親に遺伝子検査の結果を伝えるシークエンスを分析したもので、検査結果の確からしさについて医療者と親がどのように評価するのかに焦点が当てられていました。

質疑応答においては、遺伝子検査の結果という専門的知識をめぐる議論において、なぜ被検査者が医療者による評価に疑義を呈したりそれを格下げしたりできるのか、また遺伝子検査結果がわかることによって何らかの治療法が新たに発見できるわけではないにもかかわらず、なぜ親は検査を受け(させ)ようとするのか、といった質問がなされました。前者に関しては、親の側も様々な知識を収集していることが述べられました。後者に関しては、障害の原因を知ることが親にとってのある種の慰め(comfort)になっているのではないか、といった回答がなされていました。これらの回答は、それがEMCAによって行われるか否かは別にしても、さらなる研究の方向性を示唆していて刺激的でした*1

*1:英語を聞き間違えていなければよいのですが。