Anyone to Turn to

岡沢亮 contact: boiledend0320[@]gmail.com http://researchmap.jp/ryookazawa

チャタヌーガへの旅 2018 Chattanooga Trip

片道7時間半の道をKの車で行く。女性的な名前がついた凶悪なハリケーンから逃げる。ガソリンスタンドとファーストフード店しかない寂れた地域が続く。「ニューヨークはアメリカではない」という言葉をまたも思い出す。アッシュビルのレストランを気に入るがAは「偽物の南部 Fake South」だと言う。しかし、私にとって偽物の南部が本物よりいいのは確実だろう。

到着した宿には不可解にもその家の娘の写真集が置いてある。アッパーミドル風の家が立ち並ぶなかで、少し足を伸ばすと少し貧しい地域にたどり着く。格差のような抽象的な概念を私たちは容易に見ることができる。メキシコ料理屋がある。チェロキー族の言葉だというチャタヌーガの姉妹都市の一つには『遠野物語』で有名な遠野がある。「おれにはアメリカの歌声が聴こえる」 I  Hear (Native) America Singing. 

朝に酸味のあるコーヒーを飲んで具合が悪くなる。かつていわゆる「ハーフ」の男性芸人が言っていた硬度と体積に関する話を紹介する。4象限図式があり、最高と最低の二つの可能性があるギャンブルに参与することになる。日本のアニメを観る。そこでは一つの打撃で全ての敵が倒される。A&Aカップルはそれほど気に入らなかったことがわかる。マルキストのKは、次から次へと倒されるが怪物は出現し続けその原因は解決されないという物語の構成に、社会改良主義批判を見る。私は作中で怪物の存在が結果的に「ヒーロー」たちの雇用を生んでいることを指摘し、社会改良主義的な世界観が描かれているという見方に一定の賛意を示す。

次の日に訪れた中心市街地はあまりにも人工的で、Tがやっていたシムシティを思い起こさせる。中に何もないビルがたくさんあり、そのことは私たちを悲しくさせる。Aはこのくらいの寂れ具合は南部ではまだマシな方だと言う。橋を渡るとヴィーガンの店に着く。店員は白人に見えるA, A, Kの3人だけを同じグループとみなし、後ろにいたTと私は別のグループだとみなす。マイクロ・アグレッションではないかと笑いながら話す。バファローと名のつく料理は不味い蓋然性が非常に高いというアドバイスを食事後に受ける。

翌朝は彫刻を見て山に登る。アマゾンのような景色を見る。川に足を浸しながら、ウォルマートの万引き事情とアイビーリーグにおける大麻販売についてAとKから聞く。TがAGEDASHI DOFUを注文したところ豆腐サラダがやってくる。タパス形式のレストラン、新人ウェイター、アメリカのチップシステムについてみなが文句を述べる。彼らは文句を言うのがかなり得意である。Aがある人物について全くの冗談で「She's hot」といったところ、ガールフレンドのAが美しい軌道で叩く。YouTubeを周り、Tの努力の甲斐なく中国には良いハードコアバンドがないという結論に至る。私のラップの好みは全く同意を得られずに終わる。

車で戻る。期待せず入った店の麺が予想以上に美味しく驚く。野蛮な風習であるプロムについてKに尋ねる。あれは最悪だと言うものの、彼自身は非常に素敵なエピソードを披露してくれる。人の悪口を多く聞き少し言いつつ過ごす。家に着くと広東省の台風を知る。大雨の音が聞こえる。

 

www.youtube.com